信用できる風俗

プレイもほぼ決まりですね

最近は風俗に対してはあまりあれこれ手広く興味を持つのではなくて、自分の好みを徹底する時期になりましたね。これで少し飽きてきたりマンネリになると、また少しいろいろなジャンルをって思うんですけど、今はジャンルはもうソープで決まりですね。風俗でもって思ったらソープで決まりなので、じゃあどのソープにするのか。そこからが自分の判断基準になっていくんですけど、ソープの良さっていろいろとありますけど、自分の場合ですけど落ち着いた子がいいんですよ。まぁこれはソープだからというよりも、自分の風俗の好みっていうスタンスそのものなんですけど、風俗ではいろんなことを楽しめますけど、ソープの場合には接客術まで含めてこちらを満足させようとしてくれるじゃないですか。女の子だって「抜けばいいんでしょ」じゃなくて、こちらの満足のためにいろいろなことをしてくれるんです。そこが気に入っているので、最近ではソープを楽しむことが増えていますね。

辛い時にこそ、行きます

精神的に余裕のある時ではなく、むしろ辛い時に風俗に行くことが多いですね。その方が風俗で「回復」出来るような気がするんですよ(笑)楽しい時とか調子が上向いている時って、別に風俗以外でも楽しいことがたくさんあるじゃないですか。というか、気持ちが上向いているので何をしても楽しいし前向きな気持ちになれるんです。でも、辛い時ってそんな気持ちにはなりませんよね。むしろ辛い時にこそサービスを選ぶじゃないですか。だからこそ風俗です。自分が辛いとか、あまり気持ちが乗らない時にこそ風俗に行って女の子に慰めてもらうことによって、いろんな気持ちになれるなってことに気付いたんですよね。それに、むしろ風俗ってそういった時にこそ活用すべきなのかなとも思ったんですよ。ネガティブというか、マイナスな気持ちの時に遊んだ方が、それらの気持ちを払拭出来るので、前向きな気持ちになりたい時にこそお世話になるべきものなんじゃないかなって。